鶴の恩返し

2017/11/20

鶴が勝利投手になるとだいたい翌日のスポーツ新聞に「鶴の恩返し」という言葉が一面を飾ります。あまりにワンパターンなので明日あたりどうなるか、自分ならどうするか色々と考えてしまいますが、とにかく能見で敗れたすぐに谷間の先発で勝利したのは非常に大きく、明日のメッセンジャーでの勝ち越しも見えてきました。

まず先発した鶴ですが、直球の最速が140に届かない138くらいで130くらいのシュートに120くらいのスライダーとフォークを色々組み立てて何とか粘って1失点で済んだという感じでしょうか。今回勝利したからといって今後ローテーション任せた!とは言いがたい内容でした。
ただ、間違っても高めに浮かないよう低めに集める姿には気迫を感じたし、低めに投げきったからこそ畠山の大飛球もフェンス手前で失速したというものでしょう。

今後先発で10勝する様な投手になるには、フィニッシュのストレートがせめて145は欲しいところ。それにカーブを交えながらのシュートスライダーの精度を上げる…と(笑)
非常にセンスのある選手だと思うので、何とかもう一皮二皮むけてもらいたいものです。

そんな事よりと言ってはあれですが、早くも非常事態になってしまいました。当然上本の骨折についてですが、これはもう呆れるしかありません。昨年のシーズン前の交錯による大怪我でシーズンをほぼ棒に振り、ようやく今年チャンスを完全に掴んだと思った矢先の骨折でしょ。しかも守備の際に骨折する一流選手なんていないですよ。前々から球際に雑な所がありましたが完全に自業自得。ここ一番で怪我する選手は大成しません。とにかく阪神は西岡・上本の二人を失った型となり、今日のスタメンは二軍で好調だった荒木が即スタメンとなりました。
今日は特に見せ場もありませんでしたが、恐らく明日も使われる事でしょうから、何とかプロ初安打を記録してもらいたいところです。あと、明日は梅野が最後までマスクかぶって欲しいなあ…